カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
アーカイブ
カテゴリー
Atelier for KIDs! 布に描く-30人の創作ワークショップ終了!次回は6/19(Sun)
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!)
▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------
Atelier for KIDs 5/22Sunのキロク。
▽▲▽▲▽▲▽▲
さあ今日は朝から、
工作大好きな子どもたち(と創作大好きスタッフ)が集合。
30人WORKSHOP! それだけで圧巻。

テーマは、【布に描く】。

アクリル絵の具を、様々な道具を使って
布カバンの上に、描いていきます。

最初に『ARTのとびら きはん』
について伝えたり、
技術的なレクチャーをする時間↓も

真剣な目で聞き、頷き、質問に考え、答え、
「もうやりたい!」という気迫が
全身からこちらに伝わってくるほどの集中っぷり。
(スタッフが終了後声を揃えて言ったのは、
「「先生の話聞くよ」と一度も誰にも声をかけなかった!」)


「もう1時間しかないよ!」という
子どもたちの声(笑)とともに創作スタート!

スポンジを使って、

スタンプのように使ってみる子もいれば、

へらで伸ばしていく子も、
さらには独自のデザインを静かに丁寧に仕上げてゆく子も。

指自体で、伸ばしていく子も。

わあっ!手に絵の具がついちゃった!
の瞬間もなぜか笑顔。

こちらでも静かに笑顔。
指で描いていくこと自体を、楽しんで喜んでいるようです。

はい出ました、本日の一番手が汚れたで賞!
(やはり笑顔)

仲間の作品を見て、
「○○みたいだね」と感想を述べたり、

譲り合ったり、助け合ったり、

刺激を受けながらも、
自分が「こうしたい」という確固たる思いを
それぞれが追求していきます。

自分自身との「対話」です。

高学年たちは、細かい作業に没頭していきます。
自分なりの試行錯誤→工夫が繰り返される時間です。

描き終えたあと、
マスキングテープを取る瞬間がいちばんドキドキします。

あちらこちらで、
完成のため息が漏れます。

こちらはマスキングの枠など我関せず、
自分の世界観を追求。

色の混じり合う具合を息を詰めながら感動し、
作品に仕上げています。

こちらでは、スポンジを改良し、
それを叩き付けることでできる新たなタッチを表現。

じっと歯ブラシを見つめ、
たくさんの色が、混ざって来た。と発見をぽつり。

これも作品みたい。

できた子から作品撮影。
裏に敷いた段ボールにできた
偶発的な作品も、
持って帰りたいという子多数。

取っ手まで仕上げました。

ジャクソンポロックを思い起こさせる雰囲気。

「これは優しい形」「この形はおどってるみたい」
とたくさんことばにしながら制作したね。

使う道具も
絵の具も同じなのに、

全員の作品が、全員分違う。
唯一で世界一になる。

だから表現って面白い。

子どもたちひとりひとりの、
持っているものが、

今、ここに存在しているという証が、
そのまま現れるのだ。

私たちはそれを、
受け止めるだけ。


ほこらしげな笑顔は、
全員に。

今回はOGで中学生のお姉さんたちも来てくれて
助けられました。
ありがとう!

他にもたくさんの子どもたちと
作品の写真を取りましたが、

紙面の都合上(?)全部は掲載出来ずごめんなさい。
今後何かいい形で残せるように考えます。

さあそしてみんなで片付けタイム!
こういうときにささっとお手伝い出来るなんてさすが。

床にこぼれ着いた絵の具も
みんなで綺麗に拭き取って... 


でーきたー!
の笑顔で全員撮影できました。

このあとお母さんたちと笑顔で対面!
本当はおうちの方には
中に入ってもらうつもりだったのに、
待ちきれない子どもたちがどんどん駆け寄ってしまい
入り口大混雑。笑


今日も本当に表現しきった、いい時間でした。

おまけ:

必死で撮影中のわたし↑
スタッフに激写されていました。

次回、
お茶の水でのAtelier for KIDsは6/19(Sun)
お申し込みは、5/31(Tue)11:00-です。

お申込み時は、先着順のため、
たくさんの保護者の方が
時報とともにせーのでお申込いただいているようで、恐縮です。
ありがとうございます。
本当に来たい子が参加出来ますように・・・


▽▼▽▼参加者からの感想▽▼▽▼

娘は、一応、気を張って、何か低学年の子供達に声がけできるかな…、先生たちがどんな声をかけているのかな〜、私にできるかな〜と思いながら、伺ったと思います。しかし、あの場所では、異学年であっても対等に作品に向かう子供達がいたのですね!あの笑顔、達成感には、訳があったのですね‼RIN先生のコラムを読ませて頂き、いつも心が安らかになります。教育に対しての情熱と子供達に対しての気持ちが美しいといつも思います。ワークショップ後、娘がキラキラした顔で帰ってきたり、作品に対しての思いを話す姿、大好きです☺飾らない社会的な束縛がない場所で、内なる自己と対話し、じゆうに表現に向き合うことができること、本当にありがたいです。今後ともどうぞよろしくお願い致します♪

----

こちらにメールするのが正しいのかわからなかったのですが、お礼がしたかったので思い切ってメールします。
いつも学校の事や花まるでの事もほとんどの話さない娘です。なのでワークショップの事も「楽しかった〜」と言うくらいかなと思っていました。どうだった?と聞くと、「自然にいるみたいだった」とのこと。「??。。どういうこと?」と聞くと、「自然の中にいるみたいに自由な気持ちだった」との答えでした。4月から1年生になり、学童にも入っているので、朝も夜も時間との戦いです。マイペースに過ごす時間はとても減りました。まだその生活に慣れない娘にとって、ワークショップはオアシスだったのだと思います。その日は1日、よく喋り、よく食べ、身の回りの細かいことに疑問を持ち、とても楽しそうでした❗心が解放されると、世界が楽しく見えて、沢山の事が吸収できる土台となるんだなぁと親も勉強になりました。ありがとうございました。

-----

Rinコラム、こちらからお読みいただけます。
創作への想い
じゆうに
| WORKSHOP (for KIDS!2009-/adult) | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
WORKSHOP for KIDs!5月のAtelier終了!来週はお茶の水で!
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!) ▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------
Atelier for KIDs 5/15Sunのキロク。
▽▲▽▲▽▲▽▲

やってきた5月のさわやかな朝。
アトリエで、創作大好きな子どもたちと過ごす時間です。

スペースはもう少しあるのに、
なぜかぎゅぎゅっと集まってくるのが子どもたち。笑

今回は久しぶりの素材を使いました。
ホイップ粘土と水彩絵の具、アクリル絵の具を使っての...

版画です!

最初は慎重に、
そしてどんどん実験していく指先。

指が粘土を伸ばしていくその感触が、
原始的な快感をひきだしていきます。

伸ばしに伸ばしていくうち、
その感触だけを楽しむ時間が訪れます。陶酔の表情。

様々な色の紙に、どう反映されるのか、
作品をじっと見つめる手。

最初は少し指についた粘土を、
いちいちタオルで拭っていた彼女は、
途中からその気持ちよさに気づき、
最後は掌を使って、
最後の作品を仕上げていきます。


「うわ!」と驚きを声に出してみんなで共有。
笑顔で作品を乾かしに。

ついでに仲間の作品も眺めて、
そこから得たインスピレーションを、
次の作品に生かしていきます。

どの絵の具を選ぶのか、真剣に考えるとき。


自分に起こった驚きの瞬間や、
トライしてみた工夫をことばにするとき。
それも表現です。


同じ空間をともにする子どもたちは
それぞれに仲間の感想や思いを、
聞いて感じて、


それからまた
自分の創作に没頭していきます。


手を洗ったあと、
みんなの使った絵の具を片付けてくれている
ふたりのお姉さんと、
それを傍らで眺めながら、
最後の作品を自分のペースで仕上げる2年生さん。

どちらも、やりたいからやっている、
その様子が微笑ましい。

全部で4作品を仕上げ、
撮影したい1枚を選んでおいで〜というと
ポーズを決めてくれたふたり。
足にも絵の具がついたよー、と笑いながら。


こちらも誇らしげなふたりです。
版画の原本も、
最後に手を入れて別の作品に仕上げたのですが、
自分の名前にある漢字を入れて大きくサインしているところに、
彼の気持ちが表れているよう。


最後はいつもの撮影会。
小さい子は前だよ、と
ちゃあんと先輩が指示して譲り合って並んでくれて、
りん先生は何もしなくてもいいんです。
すごいなあみんな。
---


自分の作品にニヤニヤしながら見入る子どもたちを前に
カメラを片手に他の子どもたちを待っている
撮影前のこのひとときを、
しあわせだなあ、と楽しんでいたら...

(終了間際のオフショット↓)

なかなか降りてこないのがおかしいと気がつき、
2Fを見に行くと、
絵の具の片付けが終わると次は
必死で絵の具掃除にも精を出し始めたふたりが、
写真撮影などそっちのけで片付けに没頭していました...!

(さらにはこの大きなビニールシートを
ふたりだけで畳んでくれました。
うれしい、ありがとう助かったよ!)


ちなみにこちらはスタート前のオフショット。
クツの並べ方選手権みたいになっています。笑
---

さあ、次回は5月の第二弾。

お茶の水にて
初のAtelier for KIDsが始まります!

初めて会える子たちと創作が出来るのを、
とっても楽しみにしています!

------
おまけ:子どもたちがこっそりギャラリーのノートに残してくれる感想、今日も発見しました。
ありがとう、先生も気持ちよかったよ。しあわせだったよ。

いただいたお母さんのメッセージから...
▷...電車の中で、今日の創作の手順や様子を(なぜか)うっとりとした顔で話してくれたのが、微笑ましかったです。
▷...今日のWSはとても気持ちよかったよ〜と言ってました。楽しかった、面白かったはいつも言うのですが、気持ちよかったは今までなかったので、そんな感想も言えるようになったのね、と成長を感じました。足の汚れも、外国のペンキ屋さんみたいでカッコいいと言ったら嬉しそうにしていました。
| WORKSHOP (for KIDS!2009-/adult) | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
【四つ色商店vol.15】スタート!
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!) ▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------
Gallery okarinaBにっき。

GW恒例のイベント
四つ色商店がスタートしました。


ゲスト作家さんは
陶小物作家の北原裕子さん↓

南仏の家々を思い出させるミニチュア家の数々。

美しい花々。

眺めているとその世界に吸い込まれそうです。


私もシャンデリアを解体して制作したサンキャッチャーの
新作を数点と、



【Life with LETTER】の新作もたくさんありますよ。

(パンコラボしてみました^^)




ハンドメイドニット作家:chiot.R氏↑



こつぶこ作家:Harudeko氏↑




プラバン作家:福家聡子氏 (著作本もあります)


4つの作家の作品たちを楽しめる8日間。


今夜はオープニングライブも!→終了しました!

↑開演前、
ライブを聴きにやってきたルルさんと。

なぜかとっても姿勢のいい我が家のふたり。笑

で、囲み取材となりました笑。

四つ色商店×Rin-Bunライブ、
和やかにまるでホームパーティのような
笑いと癒しの夜となりました。

↑クリックしていただけると、
この日突然披露した、カバー曲のくだりをお楽しみいただけます。

来ていただいたみなさま、ありがとうございました!

Rin-Bunは来月、
会津若松にて演奏します。

福島近郊のみなさま、
お会い出来るのを楽しみにしています!

Rin
| 展示キロク Exhibition(Tokyo/London/Singapore/Berlin) | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
創作にっき。WORKS UP
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!) ▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------





WORKS,UPしました。





四ツ色商店vol.15にて
皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

▶スペシャルオープニング企画
Rin-Bunライブ!5/1 17:15~!
 
| 創作にっき Artworks | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
Rin-Bun×四ツ色商店vol.15:Opening LIVEのお知らせ
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!) ▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------
Rin-Bunによる、
朗読×うたの演奏会。
ライブのお知らせです^^



5月1日、
根津Gallery okarinaB 2Fアトリエにて
Rinも参加する
クリエイター雑貨イベント
「四つ色商店」vol.15
オープニングライブとして開催します(*´ -`)(´- `*)

どなたもご来場いただけるLIVEです。

ゴールデンウィークに癒されたい方、
どうぞおいでください。

▶日時:
5/1 19:15-

▶場所:
Gallery OkarinaB 2F RINのアトリエ

▶チャージ:
大人1000円 子ども100円

▶予約:
要予約 (お席に限りがありますのでRinまで)

◎Rin-Bunライブが初めての方にはCDプレゼントつき
◎閉演後、四つ色商店の作品もご覧頂けます




▶四ツ色商店 公式サイト

---------
Rin-Bun:

作曲家である田中文久 (ギター うた)と
アーティストRin RELLO (うた 朗読)
のユニット。

2009年、
アコースティックバンドKARINBAより
spin-offする形で、
お話の語りと音楽を空間装飾も含めて
インスタレーションアートとして
発表していく独自の活動をスタート。

2011年2月にLondonにて開催された
「Output Japan」エキシビジョンでも披露。

絵本のページをめくるように、
体にすっと入ってくる癒しのうた、
優しいメロディが
観るものを温かく包みこむ。

----
Rin-Bun×四ツ色商店 ライブ おかわり!

6月は、
6/25、26に
福島県会津若松市にて演奏予定です!

---------


写真は、4/16に開催した
Rin-Bunライブ再び!
トーク&ライブ@カフェキトハルト
の様子。
(↑Rin-Bun×RON直前まで公園で打ち合わせショット)

3〜4月のRin個展
【Life with LETTER】での
単独ライブ×2(3/21,4/16)は、

たくさんの子どもたちとも会えて、
しあわせでした。


5/1もたくさんの方々とお会いできることを
楽しみにしています。
Rin
--------

Rin-Bun 
お話の読み聞かせ&うた演奏会の依頼はRinまで。

各SNS
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK

またはメール
rin ○ okairnab@softbank.ne.jp
○を@に変更してご連絡ください。
| KARINBA / Rin-Bun 音楽のこと  | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
KARINBA Live! 2016のお知らせ
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!)
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
Web Shop ife with LETTER / Rin on minne
------------
KARINBAから
ライブのお知らせです!

 2016年3月のLIVEを最後に、
主催する演奏会の休止をしているKARINBA。

ですが!
なんと!
今回で9回目となる
ハートフルミニコンサートへの
出演を決定しました!

この機会にぜひ、癒されに来てくださいね。
皆様とお会いできますことを、
メンバー一同楽しみにしています(*´ -`)(´- `*)

※ 入場料の一部は、これまで通り復興支援金として寄付させていただきます。

6/12(日)12:30-13:30

▶場所:
花まる学習会 南浦和教室(JR南浦和駅西口1分)
Google Map

▶チャージ
オトナ:700円
子ども:300円(3歳以下は無料です)
◎1家族に1枚のKARINBACDプレゼント付き

▶予約:
KARINBAFacebookページで参加表明して頂くか、
Rinまでご連絡いただければ、
お席をお取り致します(*´ -`)(´- `*)

-------
KARINBA
平須賀 信洋(Ka)… Piano
RELLO由実(Rin)… Vocal
高濱 正伸(Ba)… Vocal, Guitar
田中 文久(Bun)… Bass
さとうりゅうえい(Ron)… Blues Harp

すべては子どもの未来のために。
芸術と教育は一生を賭けるに足る。
と信じる5人組バンド。
全員が花まる学習会に関わる中で、
「親から子へ、子から親へ」というテーマで
うたを創り始めた。
「子も親もみんながしあわせである」
という願い、
「音楽を創り演奏し楽しむ人生であってほしい」
という願いを込め、活動を続けている。

2003年、結成。
2007年より根津にあるGallery okarinaBを拠点に、月に一度の定例ライブ活動スタート。
2009年にはベースのBun、
2014年にブルースハープのさとうりゅうえいが加入し、現在のメンバーとなる。

あたたかいメロディと、世界を俯瞰するかのような歌詞が特徴。
作り出されるその空気は、観るものを優しい気持ちで包む。
------

写真は、
4/10に開催された
花まるグループ同窓会パーティでの一幕です。


17-20才の、
きらきらした子どもたちが、
美しい眼で聴いてくれて、
こんなにしあわせなライブはないというくらい心が震えました。

10年前はちびっこだった彼らが、
立派な青年になって、再会の嵐!
やってよかったです^^


6月のライブでも、
たくさんのみなさまとお会いできることを、
楽しみにしています!
KARINBA Rin
| KARINBA / Rin-Bun 音楽のこと  | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月のAtelier for KIDS-「木の枝に咲く」
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!)
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
Web Shop ife with LETTER / Rin on minne
------------
今朝も子どもたちと。
Atelier for KIDs
2016年度の幕開けです!

「みんなで仕組みを考える」レクチャーを終えたら、
はやる手が伸びる先には、

色とりどりの紙、紙、紙。
少しずつ色の違う薄い色紙、
新聞紙を使って...

折って、切って、

針金を入れて...

ひたすらに創作の世界に
没頭していく子どもたち。

立体的になるように仕上げていくところ。

「どこをどう切ったらうまく立体的になっていくのか」
を、心配で、つい何度も確認する子もいる中、
だいたんにも二度「ばらばら事件」を発生させたのち、
「おかしい!どうしてもこうなっちゃう!」
と笑顔で質問するYくん。

「すごいなあ!その切ってしまった方の紙が、何かに使えそうだよ!」
と応えるわたし。

(実際、その面白く切れた紙を使って、
二度と作れないような独創的な作品に仕上げることもできました)

なんて素敵なのだろう。

彼の「失敗をもろともしないあり方」は、
ほかの子どもたちの
「もしかして間違って切っちゃったらどうしよう」
という不安を、
「いいんだ、失敗は失敗じゃないんだ、
新しい作品が出来上がるきっかけになるだけなんだ」

という新たな視点、価値観として転換し
共有することができたのですから。

これこそが、集団の力。
仲間とともに創作することで生まれる、
魔法みたいな力なのです。


どんどん落ちていく、紙の切れ端。

止まらない手。

歩きながらも考える。
笑顔の子も、仲間の作品を見ている子も。
じっと考え込んでいる子も。

どれひとつとして

同じものができない

表現の世界。

正解のない世界で、

もっとこうしたい。という内なる対話を
深めていきます。

「せんせい、ここにこうしてみてもいい?」
「6枚使ったらこんなふうになったよ!」

子どもたちは、
挑戦と発見の結果を、
誇らしげに教えてくれます。

木の枝にどんなバランスで仕上げていくのかも、
自分で決めていきます。
(技術的なことは教えていきます)


できた作品を見つめる。

さあ、次々と作品撮影タイムへ。

作品の上下や使い方も、見せてくれています。

?同じ人物が登場しているよ!
というツッコミ顔が入ります笑

「わかったわかった」の笑顔

なぜか恥ずかしいふたり。

さあ最後に恒例の
(お迎えのお母さんお父さんたちを背景に)記念撮影!

このあと保護者の皆さんとも、
「ここを工夫したよ」
「これは先生にあげる」
「おうちでこうやったら玄関にも飾れるよね」等など
笑顔溢れる時間をすごし、
めいめいに喋りたいことも話していると

「せんせーーい!きて」



呼ばれてアトリエに戻るとそこには、大きな作品が!

すごいねえ!大作だね。
とひとしきりお母さんたちも鑑賞し、
写真も撮り、

「さあ、これ、どうするのかなぁ?」と聞くと、


ちゃあんと後片付けをしてくれましたとさ。
ありがとう。

今日も創作しきったいい時間だったね。
また来月、いっしょに作ろうね。
------------

5月のワークショップ日程は...

5/15(日)
@根津Gallery okarinaB(キャンセル待ち登録となります)
NEW!5/22(日)
@お茶の水Hanamaru Lounge(5/10申込スタート!)
↑新しい公式サイトが4/12にOPENしました!
ぜひご覧ください。
 
| WORKSHOP (for KIDS!2009-/adult) | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
創作にっき+Atelier for KIDs News!
Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!)
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
Web Shop ife with LETTER / Rin on minne
------------
4月の創作日記。

Life with LETTER】としては初の展示が4/21まで開催中!
そして、5月6月は「四つ色商店」として展示イベントが続きます^^
その準備模様をちらりお届けします。




会津木綿のコラージュ、
新シリーズはスクエア型のカード。
うさぎと赤べこさんは、かわいくなって新登場^^




さらに、
ハガキサイズの作品も増えて来たので、
今回の「四つ色商店vol.15(5/1-8)」から
セットでお買い求めいただけるようにご用意しましたよ。


そして、
Rinのフォトカードシリーズも、
ポラロイドサイズになって新登場。



花と、空と、子どもたち。
いつも撮っているこの3テーマで
構成したセットになっています。



手帖に入れて飾っても、お部屋に並べても、
もちろん白い部分にメッセージを書いて
カードとしても
素敵に使っていただけるはず。


(▶WORKS,更新しました)

そして
もうひとつのビッグニュース。

4/12(Tue)、
Atelier for KDIS-ARTのとびら公式サイトがオープンしました!

教育者として導ける視点と、
芸術家のこころで、

心から喜びを持ちながら
2009年から毎月続けて来た、
小さなアーティストのためのWORKSHOP。


Atelier for kids。

創ることが大好きな子どもたちと、
毎月一緒に、
ただ表現し続けることで
何もかもを浄化しているような、
心から大事にしている場所です。


(↑メッセージムービーより)

ずっと、
アーティストとしての活動のひとつとして
位置づけて来たこのWSですが、
Hanamarugroupの事業としても、月に一度開催します。

教育×ARTの交わるところを
世の中に提示しながら、
教育の新しい視点を発信していくことが
使命だと感じたからです。


▶メッセージムービーはこちら◎



...というわけで、
創ることが大好きなこどもたち、
月に2回のWSイベントのチャンス!

okarinaBでのWSは6月まで満席ですが、
お茶の水でのWSは5/10から申込スタートです!

たくさんの子どもたちと出会えるのを
楽しみにしています。

工作好きな子どもを持つお母さん
この機会をお見逃しなく!

Rinでした。
 
| 創作にっき Artworks | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
Rin-Bunトーク&ライブ@【Life with LETTER】展、終了!追加ライブ決定!
Welcome to Rin's blog!
Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
------------
3/21、
私が子どもたちとアートにまみれた沖縄から
個展会場である川口へ
直行した理由は…


3/16にスタートした、
【Life with LETTER】展
トークライブに出演するためでした!


(photo by Yannさん)これは外から撮影したもの。

この日はなんと、
わたしたち初めての、アンプラグドライブ!だったのです。
肉筆のお手紙ならぬ、
肉声のうただからこそ届く、一曲一曲のバイブレーション。


全12曲とおはなしもひとつ、
それに新曲で制作したニューシングルの2曲も披露しました。


それぞれの表情で、
お話とうたを聴いて下さるみなさん。

今回も下は2歳から上は10歳までの子どもたちが
親子で楽しんでくれました。


ぶんちゃんのいい笑顔。

子どもたちがいると、
トーク中に質問が出たりするので、それに答えながら、
うたとお話の世界は進みます。


終演後キトハルトのオーナー篠原さんも、
なんだか聴いていると癒されて眠くなっちゃった、と感想を頂きました。


終了後たくさんの子どもたちと↑

次回Rin-Bunは、なんと
個展期間中に、追加ライブが決定!
4/16(土)17:00−
再びアンプラグドライブ!

色々と実験したいこともあるので、
また違った演奏会をお届けできると思います。
お楽しみに!

※小さなカフェですので、
お席はご予約によりお取りします。
Rinまでご連絡くださいね。SNS、メール問いません。
Fcebookイベントページはこちら

ライブに来られない方も、

この空間で、
ゆったり美味しいランチを頂いたり、
じっくり詩集や写真集を読みながら、過ごしていただきたいな。
と思っています。

(写真は、TV取材が入った金曜日の朝↑
J:COMで埼玉で25日頃放送されるそうです)

ぜひ足をお運びくださいね。

【Life with LETTER】展
カフェキトハルトMAP
個展は4/20まで(火曜定休)
11:30-19:00(土日祝は12時オープンです)

 
| KARINBA / Rin-Bun 音楽のこと  | 17:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
子どもたちと1日ワークショップin沖縄
Welcome to Rin's blog!
Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
------------

3/20春分の日に、私は沖縄にいました。

夜明け前。鳥の鳴き声と波の音を聴きながら準備。

まる一日、
未就学児親子のためのARTワークショップだったのです。

絵の具を混ぜたらどうなるかをみんなで考えてるところ。
「折り初め」「デカルコマニー」など教えてあげると、
内なる表現の世界へ。

どんどん集中し、画面を広げていく。

「紫色も作りたい」
「ぼくも混ぜたい」
「お水を入れたい」
「もっと紙がいる」
「足にも塗りたい」…

彼らの表現したい欲求と、
一緒に向き合い、できる限り受け止めていく。


「これはなに?」という質問は愚問だ。
ただ無心に表現しているのだから。


「これで完成」と本人談。
あまりにも大きいため、このまま乾かす。


途中、素材探索に海へ探検に行く。

ふわふわのサンゴの感触に驚き、
様々な色の貝がらに驚く。

「紫色の貝がら!」
「桃色の貝がら!」
発見したことは、全部報告したい子どもたち。

月のカタチの珊瑚のかけらを見てひとこと。
「お月さまが落としたのかなぁ?赤ちゃんを?」



片付けもいっしょに手伝ってくれると嬉しいなあ、というと
お手伝いしてくれるこどもたち。


午後は「フロッタ―ジュ」で
葉っぱの葉脈を写し取り、



「切り紙」で空間装飾。

そして夕陽が、
切り紙で彩った空間に、偶然の遊びで誘う。

影絵でアート。

ペットボトルのキラキラが美しい、と気づく。

最後にもう一度海へ。

「海をつかまえる!」と子どもたちは、

ビニール袋に海をつかまえようと張り切る。

納得いくまでつかまえること小一時間。
お迎えに来たお父さんに、
完成したふた袋分の「海」を自慢げに掲げると、
「それは部屋には持って帰らないぞ」と言われてしまい呆然。

彼の格闘を見ていた私は、
どちらの気持ちもよくわかり、苦笑い。


そして最後には、海に追いかけられてびしょ濡れてしまう。



奇遇にも同時期に、
Gallery OkarinaBでは「保育園の表現者たち」展2016が開催中だったのですが、

この日の子どもたちとのARTまみれの一日は、
まさにその作品展の世界をほうふつとさせました。

生きていることそのものが、
すべてARTなのだ、という時代。
しあわせな一日でした。

そして私は早朝、東京へとんぼ返り。
私の個展会場にて、トーク&ライブがあったからなのでした!

その話は、またここで。
| WORKSHOP (for KIDS!2009-/adult) | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/169ページ | >>