カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
水上公園で青空ART picnic!

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema ▶音楽演奏会KARINBAライブ6/25!

---------------

半年ぶりに、あの場所に行ってきました。

注)日本です。

そうです。あの、独り占め芝生です。前回はルルさんがあるものをくわえて持ってくるという大事件があった、あの広場です。笑

水が今日は流れてないねえ、と話していたら、突然流れてきた!びっくり。ルルさんは初めての小川に微妙な反応。を、大うけしているところ。

自然×ルルさん=しあわせ の図。お昼を食べて、鳥の鳴き声だけ聞こえる芝生を堪能していたら…

ルルさんの一番小さなニンゲンのお友だちが、幼稚園から帰ってきました!(ルルさんは自主的に枝を収集)

この2ショットが可笑しカワイい。

さてpicnicの本番は、

創作レシピの実験です。(青空のもと即席アトリエ)

いっしょに青空アート。

で、ルルさんの似顔絵がまた増える。笑

素材も集めて、最後はパンケーキをみんなで作って、ああ楽しい一日だった!(この日は一日雨予想だったのが、全く降らず!またもすごい晴れ女っぷりでした。)

楽しかったねルルさん!(ルルさんは5/24に2歳になりました)

---------------

さあそして、7月のAtelier for KIDsのテーマが決まりました!

7/16(SUN)11:00-12:30@Gallery OkarinaB

詳細・お申込はこちら→INFORMATION(申込日に先着順にて予約可能です)

6月の新作も出来上がっています!→▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema

▶音楽演奏会KARINBAが、6/25に一日だけの復活ライブを開催します!(ご予約Rinまで)

 

| my dog gg, LULU | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジジ、そしてLULUのこと。
Welcome to Rin's blog!  Rin's NET SHOP Rin's workshop for KIDS! / Rin's Live Information →KARINBA:9/11(金)20:30-@お茶の水Hanamaru LoungeNext Exhibition→10/20-25 もりしたかずこ×Rin絵本プロジェクト【おはなしキノコ】展11/3-8【四つ色商店vol.14】/ Rin on twitter / Rin on FACEBOOK / Rin on Instagram 
------------
さいきんの、不思議なおはなし。

「ー略ーペットショップに立ち寄ると必ず思い出してしまいます。最近、不思議とジジと同じ犬種の子に出会うのです。そのたびに先生のことも自然と心にうかんできます。なにかのメッセージなのでしょうかね?ー略ージジはきっと大好きな先生にメッセージを送ってくれると思います。心の声に耳をすませてあげてくださいね。」

びっくりしました。そのタイミングに。実は新しい子に会いに行く日の朝、ジジと別のもう一匹のボストンテリアと一緒に、走りながら笑ってる私、という夢を見て目が覚めていたのです。起きたらあっという間に消えていってしまったその夢に自信がなくなった私は、多分新しい子のことを悩みすぎてこんな夢まで見たのかも、とそのうちその夢自体を否定していました。でも、夢の中の、あのしあわせな笑いだけはしっかり残っていました。

そんなおりに届けられたメッセージ。「おいおい、せっかく夢にまで出て教えてあげてるのに、しっかりしてよね」とでも言われているようで、ジジに(そしてメッセージをくれたOさんにも)ありがとう、という気持ちになりました。


(生後6ヶ月の頃のジジ)

ー不思議なおはなし2

ジジが人を介して、私に語りかけてきているような気がした、もうひとつのお話。

ジジが亡くなる数週間も前のこと。お涙頂戴のイヌ物語にはあまり興味がない私が珍しく、犬が主題の小説「Dog's purpose」を中古で手に入れ、ほんの十数ページ読み進めたところで事件が起き、そのまま手付かずだったのを、旅先用の本として選び、持ってきていたのです。

友人メイベルとその友人ナタリーと一緒に海岸線をドライブしてBig Surに向う車中で、景色のいい場所でお昼のサンドイッチを食べ、ぼーっとしながらふと持ってきていた本を取り出しました。

するとナタリーは「それ、なんの本?」と聞いてきたのです。「ああ原作は確かアメリカ人で、タイトルは」と教えると、後部座席のメイベルが叫びました!「それ私が大好きな本!なんて偶然!今のあなたに必要な本よ!」と大興奮。横でそのやりとりを聞いていたナタリーは「不思議。私、人に何の本読んでるの?なんて絶対聞かないのに」と呟いていました。

「終わりを教えないでよね」と、物語の続きをどんどん話したがるメイベルを笑って制止した、その日の夜、メイベルはこんな話をしてくれました。「知人のお店に看板犬がいてね。みんなに愛されてた。犬種はボルゾイで、とっても大きなイヌだったけどね、亡くなってからご夫婦は全く同じ犬種のイヌに、同じ名前をつけて、また看板犬にしたのよ」と話してくれました。その意見を強要するというでもなく、ふと思い出したかのように。

あのころの私は、あの事件からたった2週間で、返事すらまともにしなかったくらい、とてもそんなことは考えられなかったけれど、今思えば、同じ犬種を選ぼうとしたのも、私のためにジジが計らって、メイベルの言葉で伝えてくれようとしたに違いない。そのことばが、後から何度も思い返されたから。

(「僕は犬が好きなわけじゃなくて、ジジが好きだったんだ。ボストンテリア以外には考えられない」とヤンさんが主張したのも大きな理由なのですが)

ちなみに「Dog's purpose(邦題は野良犬トビーの愛すべき転生)」は、全米ベストセラーになったらしく、続編も出ています(残念ながら続編の邦訳はまだ)

全編がイヌの視点、イヌの視線から語られ続けるこのお話は、犬好きでなくとも考えさせられます。自分の人生の目的とはなんだろうか、と常に問い続けながら生きるということについて。


(カリフォルニア、犬と人間のためにあるようなビーチにて)

ーヤンさんとLULU

ヤンさんは、新しい子を見に行った日の夜、家までのエレベーターに乗った瞬間、なぜか「ルル」と私に呼びかけました。私はそのいい間違い(私やジジのことをヤンさんはよくDou Douという愛称で呼ぶ)を笑って「ルル?!(なあにその言い間違い)」と言い返しました。

帰宅してから、新しい子についてそもそもどうするのか、本格的な話し合いが延々繰り広げられました。その終焉。
「ところでどんな名前にするのか決めたの?フランス語でも大丈夫なのにしないとだよ(’ジジ’はフランス語であまり使うのははばかられる意味の言葉になっちゃっていたので)」と聞くと「カンガエチュだからカンガ(ちょうどその時カンガという名前の選手が、世界陸上に出ていた)!」とふざけ始めたので「ルルは?」とさっきの言い間違えを出すと、突然マジメな顔になり「ルルだよ」とさも決まっていたかのように言い放ちます。「冗談だよ、マジメに考えて」というと「違う。あの子のことを考えてたら、ルルって言っちゃったんだ。だからそれでいいんだ」と言うのです。

なんと。

私も実はその音の響きを聴いた瞬間、心にひっかかって頭から離れなかったのです。不思議。

そのあと私がいくら、「ルルは日本語で風邪薬の名前だから微妙だよ」等と考えつく対立意見を全て述べてみても、ホワイトボードにスペルまで書き出すなどヤンさんの意思が固かったので、皆さん。ggの跡継ぎはLULUに決定です。もちろん新しい子にも、ジジと同じ仕事を与えます。
看板犬デビューまでまだまだだと思いますが、人間と共生出来る子に育てます。どうぞよろしくお願いします。


愛犬にまつわる、不思議なお話でした。

続きを読む >>
| my dog gg, LULU | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
My dog gg passed away
以下はFacebookに先日載せたものなのですが、blogのみ見てくださっている方も知るかもしれませんので、転載します。
----
昨日(7/13)午後3時頃、ジジが亡くなりました。突然の事故で、全く受け止められていません。そこにいたる伏線がたくさんあったのに守ってあげられなかったことを悔やんでいます。昨日の朝家を出る時、大丈夫だよ、大好きだよと伝えてあげなかったことを悔やんでいます。

今夜火葬の手配をして、今、自宅からオカリナのアトリエに連れて来て、最後のお別れをしています。ここは彼女の場所でもありました。ジジの一生をずっと思い出してみると、彼女は本当にみんなから愛された看板犬でした。だから辛いけれど今、伝えます。ジジのことを愛してくださった皆さんに届くように。彼女の魂はもうすでに天国に行っているかもしれませんが、もしかしたら、大好きだった人や場所に、会いにいっているかもしれません。どんなに大好きだったか、どうか彼女に伝えてあげてください。こんな形での報告、ごめんなさい。整理がついたら、別の形できちんとお伝えします。



-------


2015/7/13 享年8歳7ヶ月20日

------
頂いたたくさんのメッセージやお花たちは、ジジに伝え、捧げました。
どれくらいかかるか分からないけれど、
ジジの生きた8年間を、photobookにしようと思っています。
それが、私なりのClosureになるような気がします。

大好きでした。
いつもどんなときも愛をくれて、ありがとう。
最後の最後まで、あなたとの出会いは私にとって、ギフトでした。
| my dog gg, LULU | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジジ奈良から帰ってきました。
Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information →Next:2015年1/29(木)20:30-@Gallery okarinaBライブ! Rin's artworks  Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Rin on FACEBOOK
------------

ジジファンの皆様、お待たせいたしました。

ジジ、ご帰還のお知らせです。


ヤンさんと羽田空港まで迎えに行ってきました。

いつも、野生児の顔になって帰ってくるジジさんですが、
長旅の疲れか、帰宅してお風呂に入れてあげたらまぶたが落ちて来ていました。笑
私の故郷奈良では、
外で子どもたちが遊ぶボールに、釘付けになる日々を送っていたそうです。

2015年もGallery okarinaB看板犬として、
つとめさせていただきます。
今年もどうぞよろしく。
ジジ
 
| my dog gg, LULU | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近のジジ。
Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information →Next:12/21(Sun)18:00-@Gallery okarinaBライブ!(お席は立ち見のみです)  Rin's artworks  Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Rin on FACEBOOK
------------
どうも、冬は暖かいストーブの前にいるに限る、ジジです。


年に2回のバケーションタイム。
ジジさんは昨日、もう奈良に発ちました。


羽田まで連れて行ったのですが、ヤンさんがジジの世界に登場してから、別れるときにいやだと鳴くようになりました。(私ひとりと別れるときはじゃあね、くらいのドライさだったのが今は懐かしい)
奈良に行くのは大好きなので、変わらずケージには自らインしますが。


離れがたい愛を知ってしまったのでしょう。オトナになったのね。
伊丹空港でジジを受け取った父から、リムジンバスの中が暖かかったのか、ケージの中で服を自分で脱いでいたと連絡が。(どうやって?)まったく不思議なひと。
(写真は、いつかの朝ジジ。誰ですか、床にゆで卵の殻を落とした人は。)
| my dog gg, LULU | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
にっきーfeel the nature
Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Rin on FACEBOOK
--------------
晴れた日の日曜日。

ヤンさんはじめての田植え体験へ。

子どもたちとその家族に混じって!
(私も10年以上ぶりに)
あの泥の感触がたまらない。
畑の野菜(トマトとエシャロット)を買い、

さっそく、ヤンさんお手製のその場でつくるサンドイッチに。
その後、さぎ山記念公園+見沼自然公園(最初の写真)を堪能して、よい一日になりました。土や、風や、草いきれに触れるだけで、からだと心が生き返ります。うっとりするほど素晴らしい自然に、エネルギーをもらった一日でした。

そしてそういうものこそが、創作やひらめき、クリエイティビティに生きてくる気がします。
| my dog gg, LULU | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジジのおはなし。
Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Rin on FACEBOOK
---------------
今週Gallery okarinaB2Fの整理をしていたら、
看板犬ジジ(gg)の
0歳のころの写真(by友人写真家みたむー)がたくさん出てきました。

無垢すぎる瞳。
そんな目で見ないで、ってよく思っていたことを思い出します。

こんなに飛び跳ねてばかりの子犬時代。
人の話なんて聞いちゃいない。
2歳まで会話は全く成り立ちませんでした。

立ち方がホラ、
幼児そのものです笑。

この表情は、今でもよくやるなあ。
女の子だなあ。

いつだってこうやっていっしょだったね。

いつもありがとう。
これからもよろしくね、ジジ。

-----------

今年のクリスマスイブで、
ggももう8歳ですが、
今でも現役看板犬です。

昔より寝ていることが多くなりましたが、
思慮深く、
自分の意志をも伝えてくるようになりました。
(ヤンさんという)大好きな家族も増えて、
私はこれからもジジの幸せを願います。
 
| my dog gg, LULU | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジジにっき ータネ
Welcome to Rin's blog!
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Hanamarugroup on Twitter
------------------

ジジです。

先週アトリエの大掃除を、
パパ(とママが)がんばってしていました。


ジジに大きな窓ができたね。と喜んでくれました。
眺めはいいです。


それから、
久しぶりにきゅうちゃんに会いました。
いつも通り、猛アタックされて、
のけぞってしまいました。


どうしても行きたくないと言ったのですが、
予防接種にも連れて行かれました。
パパも一緒だったので、こころづよかったです。


それからパパの誕生日をお祝いしました。
ジジもふうっとしたかったです。



「お礼の記念写真」も家族で撮りました。
ジジは眠かったです。



新しい鉢が気になったので、
ゆうべのうちに、植えたての種をちょっと食べてみました。
ママにはばれましたが、
パパには秘密にしておいてくれるそうです。

「そのうちにわかる」って言っていました。
何がわかるんだろう。

またね。

| my dog gg, LULU | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジジにっき。
Welcome to Rin's blog!
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Hanamarugroup on Twitter
------------------

ジジです。
フランスから大きな人が来ました。


パパでした。ひさしぶりです。


いっしょだったときのことを思い出しました。
(いっぱい散歩に連れてってくれます。)


気がついたら、
家に大きな棚ができていました。
パパが組み立てたそうです。


根津神社のつつじ祭りに、
今年は連れてってもらえませんでした。
(つつじを食べちゃうからだそうです)
でも一緒に健康をお祈りしてくれたそうです。




ここのところ、
あまりかいだことのない食べ物の匂いばかりします。




そして、時々
ジジのことを忘れてるのかな〜と思う時があります。
でももう子どもじゃないので、
ちゃんと、(思い出してくれるまで)待てます。



とても楽しい毎日だけれど、
どうしてだか目が閉じてしまう時があります。

ママが言うには、
「気づかれしてる」んだそうです。
でもパパは「ただの時差ボケ」だって。

| my dog gg, LULU | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
オカリナの12月
Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Hanamarugroup on Twitter
------------------

yannさん来ました◎


すぐにフランス大使館に行き、
不動産にも行き部屋を内見し、
必要なものを買いそろえ、
来年の準備的なものものに奔走しております。


オカリナにずっと運びたかった重たい棚の運搬や、
大きな植木鉢の移動や、照明器具の組み立てや、
その他リスト化された
「ヤンさんが来たらやってもらう仕事」をこなしてくれております。


おかげで今年の「オカリナの大掃除月間」は、
例年よりも順調にすすんでいます!感謝。

--------------

Gallery okarinaB、今年最後の展示イベントは、
(Rinは15日午前中、16日午後のみ2Fにいます)

| my dog gg, LULU | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/7ページ | >>