カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< せいさくにっき−旅をするカード展 | main | 秋の展示情報! >>
お手紙すごい ーマルセイユへ+沖縄から
 Welcome to Rin's blog! 
Rin's workshop / Rin's Live Information / Rin's artworks / Gallery OkarinaB HP/ Rin on twitter / Hanamarugroup on Twitter
------------------

日々のひとりごとです。

フランスから帰ってきてから、面白いお手紙の遊びをしています。


とてもプライベートなプロジェクトなのですが、
記しておきます。




ある日引き出しの整理をしていたら、
産まれた時から今までの写真の中には、
思い出がいっぱい詰まっていることに気がつきました。


そこで、写真の裏に一言ずつことばを添えて、
数枚ずつ封筒にいれ、Yannさんに送ってあげることにしました。


また数ヶ月、離れて暮らす生活に、
イロドリを加えてあげようという
ちょっとしたサプライズ心からスタートしたわけです。


毎日ポストに、
彼の知らない日本の思い出のかけらが届いたら、
勇気もわいてくるだろうと思ったのです。









今この仕事をするきっかけになった、
アメリカで過ごした数ヶ月の思い出の場所の風景、
高校の校庭で、草刈り。
6歳、夏祭りの後、妹とふたりで浴衣姿の写真、
3歳、ひな祭りの人形の前で座る私。



小さく映りこんだ、大好きだった庭の木や、
ファンキーな色の台所のライト、
そんな何気ないものから、当時の懐かしい日常の一コマを思い出すきっかけになります。しかも、自分のこれまでを、こっそり振り返る時間にもなりました。



いますでに7通目までになりました。
さていくつまで続くやら。
Yannさんの手元には、まだ1通目が届いたあたりです↑






そんなおり、
震災後沖縄に引っ越した友人から、
庭でとれた野菜たちが、まるで魔法の四次元ポケットの宝物みたいに届きました↑


聞いたこともない名前の薬草やらも、
丁寧に指示書付きで。
嬉しくて昨夜は何度も何度もこのお手紙を読み返し、
ひとつひとつの野菜の調理法を細かくイメージングして、
もう食べた気分に。




お手紙ってすごい。
メールにはできない骨太な愛を感じます。



みなさんも、大切な人に、お手紙書いたらどうですか。

| Traveling card Project 旅をするカード(Mail art) | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1100655
トラックバック