カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 大人のためのWORKSHOP講演「一年生になるまでにできること」子育てはART | main | KARINBA Live! 6/12(Sun) 終了レポート! >>
6/5のAtelier for KIDs-旅をするペットボトル制作!

Welcome to Rin's blog!
Atelier for KIDS (new site open!)▷Rin's Live information!
▶Web Shop Life with LETTER / Rin on minne
Rin on Instagram  /Rin on twitter / Rin on FACEBOOK ※お気軽にフォローください
-----------
朝から降っていた雨もきれいにあがった
6/5SunのAtelier for KIDsキロク。
@Gallery OkarinaB
▽▲▽▲▽▲▽▲

今回のテーマは、
私が数年前から続けている
メールアートプロジェクトのひとつ
「旅をするペットボトル」。


そもそもハガキや手紙はいったいいくらで送れるのか?
定型外であるペットボトルを送るには
どんな風にすれば、届けてもらえるのか?

届いたときに、誰をどんなふうに喜ばせたいのか?

そんな話をしてから、いざ制作タイムへ。



じっと考える表情が真剣。

何かを思いついたり共有したいことがあれば話します。

仲間が挑戦してみた面白いアイデアを、
聞いたり見たり感じたりして、

それを取り入れてみよう!と
自分のフィルターを通してみたり。


今回はOGがお手伝い参加をしてくれて、
1年生のやりたいことを、
一緒に考えてくれて助かりました。

ほら、できたね。


J君は、「数日後の未来の自分あてに」
送るんだと言って、すごい勢いで手紙を書いています。
(内容は見ませんでした!)

Kちゃんは、
「父の日だからお父さんに送るんだ」と
「どうやったら6月の花、アジサイを作れるかな」と試行錯誤し、
マスキングテープを切ってアジサイの花弁のように表現。

こちらでもお手紙。
じっくり悩んで書いていました。

T君。どうやったら中に入れながら
貼ることができるんだろう、と考えに考えています。




最後は、
用意してきた住所とあて名を
見ながら慎重に書き、120円切手を貼りました。

どれも初めての経験の子が多く、
やってみてよかった!


撮影の準備に入ります↑
(誰だ、額に切手を貼っているのは?)

できた!

それぞれの表情で。

終えてからは、
1Fでお家の人に見せて、記念撮影タイム。


念のため
住所があっているかの確認もしてもらいました(笑)


みんなで作品を階段に並べて、完了です。
(あとはりん先生が郵便局に持っていくだけ!)


恐竜がこっそり隠れているものも、

巻物のメッセージが入っているものも
ふたを開けてみると、
何かが出てくるようにしかけられているものも。

受け取った人が
びっくるするようなものになるように
皆の工夫が凝らされていますよ。

どんな風に届くか、私も楽しみです。

来週の日曜は、KARINBAライブ。
また会える人もいるね。お楽しみに!
------------------

7,9月の詳細は、
INFORMATIONにて、本日夜に発表します。

------------
そして、
御茶ノ水のWORKSHOPは、
6/19(日)・7/10(日)です!お楽しみにね!
詳細はこちらから^^


---------------------
おまけショット:
スタートする前に、
「靴のかかと踏んでる子いるよー」
と言いながら整理に励んでくれているHちゃん↓

ありがとう!
今日もみんなで創作できて楽しかったよ。

-----------6/13追記:
保護者の方からメッセージいただきました!

リン 先生

先日のワークショップで造ったペットボトルのお手紙が、無事に沖縄のおばあちゃんの元へ届きました。

とても喜んでいて、ペットボトルも郵便で送れるのね、こんなお手紙初めて貰ったよ。と、ビックリしていました。

Kも得意げで嬉しそうでした。内容は秘密って事で教えて貰えませんでしたが。

お手紙はたまに出しているのですが、こんな変わり種も素敵ですね。

良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。
------------

こんな風に、遠くにいる大切な人に、想いを込めて喜ばせることができることが、しあわせなことですね。

 

-----------6/19追記:
保護者の方からのメッセージです!

前回のペットボトルの手紙を作らせていただいた際、毎日ポストに届くのを楽しみに開けていて、届くと早速開けて、飛び出す仕組みを見せてくれました。子どものわくわくがつまった制作で、素晴らしいなと思いました!

------------

 

郵便局員さんもおどろきの声をあげてくれたみんなの作品。ポストにやってくること自体が、嬉しい喜びですね。

 

| Atelier for KIDS!2009- | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101190
トラックバック