カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 紙雑貨ブランド -Life with Letter-お知らせ | main | おやこ保育園へ。 >>
2/5Atelier for KIDs-「折り紙ライト制作」 Origami Light!

Welcome to Rin's blog!

2017/5/4〜6GWスペシャルWS開催します!

▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook
▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS

▶Mail art project「紙雑貨ブランドweb shop」: Life with LETTER ・ minne ・creema

---------------

2/5日Atelier for KIDs@Gallery OkarinaBのキロクです

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

▶Rinコラム「自分の人生を生きる」はこちらから

▶Rinコラム「哲学のタネ」はこちらから

さあ今日の創作レシピは、私の作品レシピから。

昔LEDがまだ主流でなかったころは、もっと温かな光で作っていました。(photo:インスタレーション「旅をする蝶」2008より)

これまで子どもたちの創作レシピにしなかったのは、折り紙の技術レベルが少し高かったことと、素材となるライトがLEDに転換されてから、市場に出回るまでの間、まっていたからです◎

LEDでも様々な種類があり、色味をいろいろと実験してみて選んだものを用意しました。

まずは「マンガン電池とアルカリ電池の違い」「プラスとマイナスの入れ方」など電池をセッティングするところから。そして、折り方の謎をみんなで解き、素材となる紙を8枚、選びます。

早く戻ってきた子たちは早速作り始めます。まだ紙を選んでいる子たちのお尻が見えます。

あんなに折り方レクチャーの時に「わかった」を連発していたJ君は、しょっぱなから折り方間違いが発覚。「え」の瞬間。

「あーーちがったーー!!!」頭を抱える。一同苦笑い。

見守られながらの再挑戦。

折るだけでなく、切ってからさらに折って3Dにしていきます。目が真剣。

3個めくらいで、折り方も体に入ってきて要領を得てきます。

「…、でどうだっけ?」のときは確認。

OGのHちゃんも1年生のチェックをしてくれます。

電球に貼り付けるところも少しコツがいります。

ひたすらに折って切って折って、

昨年会津に展示で行ったときにみつけた「漢文」で書かれた古い古文書のような紙たちも、今回使いました。もっとも薄くて光の通し方が美しかったのです。(でもその代わり、折る難易度はレベル5に)

さあ、光をともし始めます。

(↑動きがなんだかセットで同じ)

時々電気を消してみたりしました。「うわあぁ!」

「きれい!」

全員での撮影、今日は2Fで。「ライトだけで、顔は写真に写らないと思って気を抜いているでしょ?」といいながら。

ビンの中に入れて飾ったり、玄関や廊下のフロアライトにしたり、上からつるしてみたり。おうちに帰っても、空間演出を考えるのが楽しい作品です。楽しんでね。

---------------

次回は、2/26 Hanamaru Lounge(御茶ノ水)での開催!

お申込みは、2/17金12:30−!先着順ですので、お早目のお申込をおすすめします。

☛詳細・お申込みはこちらから

| Atelier for KIDS!2009- | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101218
トラックバック