カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< Giethoorn~Zwolle :オランダ旅きろく-Netherlads photo diary | main | Franeker〜Leeuwarden:オランダ旅きろく-Netherlads photo diary >>
De Hoge Veluwe:オランダ旅きろく-Netherlads photo diary−クレラー・ミュラー美術館

Welcome to Rin's blog!▶5/4〜6GWスペシャルWS開催します!▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema

---------------

Rinが出会った、オランダの風景をおすそわけ。

Rin's Photo Gallery in Netherlands : 2017/March-April :De Hoge Veluwe編

De Hoge Veluwe(デ・ホーヘ・フェルエ国立公園):野生動物も自然のまま保護されている、5500haにも及ぶ自然保護区。その真ん中に、ゴッホコレクションで有名なクレラー・ミュラー美術館がある。

Kroller-Muller Museum クレラー・ミュラー美術館:クレラー夫妻がこの建物と一大コレクションを寄贈したことで名づけられた。アムステルダムのゴッホ美術館と並んでゴッホコレクションの双璧として知られる。

Arnhem(アーネム)からバスを乗り継ぎ国立公園内へ。広大な公園内は自転車が無料で借りられるそうです。

こども達も多く来場。

学生たちが突然いなくなると、急にわたしと絵だけになり、

夢中になって堪能することができました。

なんていう贅沢!

名画の中のある部分だけを、ファインダーで切り取っていく遊びに夢中になりました。

どの絵かわかるかな?問題(笑)

庭園内は、屋外彫刻展示場になっていて、外にもたくさんの学生たち。

屋外でスケッチしている人も。

(どこかで見たことある風景、と思ったら、箱根彫刻の森美術館でした!)

自然の美しさを堪能。

苔と芝生が織りなす天然のラグ。ふっかふかでした。(ここで寝転んでいたら、帰りの電車の中で体からアリさんが出てきました。アリに旅をさせてしまいました)

芸術×自然×建築の美しさがまるで楽園のよう。

異空間へ旅することができます。(晴れているときは併設のカフェも最高)

大自然の中で一日過ごせるKroller-Muller Museum クレラー・ミュラー美術館。おすすめです。

帰りの車窓から↑現実の世界へ戻ってきた気がしました笑。

---

Heerenveen(北部の小さな町ヘーレンフェーン)

Groningen(北東部の活気ある街)

Giethoorn~Zwolle(中部の町ヒートホールン〜ズウォーレ)

De Hoge Veluwe (国立公園の中の美術館)

Franeker〜Leeuwarden(世界最古のプラネタリウム)​

Amsterdam (青空と骨董市)

Delft (陶器とフェルメールの町・教会に登る編)

 Rinの眼を通して見えた、オランダ小学校訪問記はこちら  

| Rin meets Holland 2017 | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101226
トラックバック