カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< オランダの小学校へ。 | main | Delft:オランダ旅きろく-Netherlads photo diary−フェルメールと陶器の町 教会に登る編 >>
Amsterdam:オランダ旅きろく-Netherlads photo diary

Welcome to Rin's blog!▶5/4〜6GWスペシャルWS開催します!▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema

---------------

Rinが出会った、オランダの風景をおすそわけ。

Rin's Photo Gallery in Netherlands : 2017/March-April:Amsterdam編

Amsterdam:言わずと知れたオランダの首都。

なのにRinは半日ほどしか訪れていません笑。

日曜日に、意気揚々と目指したのは、美術館広場。巨大な国立美術館前が、

なんとまあこの人だかり。(有名な、I amsterdamもこの状態)

広場には偶然にもブロカンテマーケットがやってきていたのです!!

広場すべてがアンティークで埋め尽くされている…!

あんなものから

こんなものまで

骨董市フリークの私にとっては夢のような偶然…

クラクラしながらストールを丹念にひとつひとつ見学し、

なめるように見学し、

犬も

人も

食べ物屋さんたちも

じっくりと働く人の手が光っている様子を見学。

ここでも

あちらでも。

美術館に、来たのではなかったっけ?とハタと思い直し、ようやくゴッホミュージアムへ入場。

ゴッホの人生を追体験し、ぐったりして現実の世界へ。

空は青く、カモメが飛び交い、

人々は完全にpicnic気分。

こりゃあ、寝転ぶしかありません。

隣のギャラリーではバンクシー展もやっていましたし、本当はアンネの家も見学に行くはずが、この時点で昇天。

桃源郷のようなこの場所から一歩も動けず、そのまま帰路についたのでした。笑

ちなみにアムステルダムの駅で、

せっかく一番乗換の少ない電車のスケジュールを選び、席まで確保したのに、突如電灯がすべて消え「この電車はキャンセルになりました」とアナウンス。親切なオランダ人が、次の電車情報を教えてくれました。

そんなアムステルダム日記。

楽しんでいただけたらなら幸いです。Rin

---

Heerenveen(北部の小さな町ヘーレンフェーン)

Groningen(北東部の活気ある街)

Giethoorn~Zwolle(中部の町ヒートホールン〜ズウォーレ)

De Hoge Veluwe (国立公園の中の美術館)

Franeker〜Leeuwarden(世界最古のプラネタリウム)

Amsterdam (青空と骨董市)

Delft (陶器とフェルメールの町・教会に登る編)

 Rinの眼を通して見えた、オランダ小学校訪問記はこちら  

| Rin meets Holland 2017 | 03:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101231
トラックバック