カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 5月の創作にっき-Otegamiフリマ@切手博物館に出展(5/19) | main | 6/3-会津にて出張!「四ツ色商店」イベント-Creator's event in Aizu >>
5/28 Atelier for KIDs-「立体ビーズワーク」- 3D Beads Work

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema ▶音楽演奏会KARINBAライブ6/25!

---------------

5/28(日)Atelier for KIDs@Gallery OkarinaBのキロクです。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

はじめてOkarinaBのアトリエを訪れてくれた新1年生も多かった、

今回のテーマは、ビーズとワイヤーを使った立体作品です。

自由自在に変形可能なワイヤーを使って創作します。

刺繡ほどではありませんが、細かい手の作業が必要となり、かなりの集中を要します。

何色のビーズをとんな組み合わせで使いたいのか、「自分は何をどんなふうに作りたい?」自分自身との対話がはじまります。

「じゆうに、やりたいように」とは、先生の言う通り、でも、お母さんの気にいるように、でもなく、「どうしたいのかを自分に問いかけ続ける」ことだからです。

「これを取り付けたい(お手伝いしてほしい)」「どこに?」「うーん」「どこか決まったら教えてね(決めるのは自分だよ)

今日はOGの先輩中学生Hちゃんが参加してくれました。

年齢も立場も関係なく、ここでは大人も子どもも一表現者として対等だけれど、

先輩や仲間の言動から学んでいくことが、’オトナや権威’からの言葉ではない大切な何かが、子どもたちの中に知らず知らずのうちに降り積もっていく。

ARTのきはんもそうですが、すべての経験が、いつか彼らの人格を作る土台となると信じています。

時折、ビーズの中にも穴がなくなっていたり、形が変形しているものがあり、それを探し当てた子はみんなに「あったよ!」と報告をしてくれます↑

「変形ビーズ発見ニュース」に沸き立った後は、再び真剣な表情へ。立体的な作品にしていく過程では、まるでミニチュアの世界を作り出すときのよう。

空間全体をイメージした表現の世界に入り込む快感をおぼえます。

発見やひらめき、アイディアを思いつくたび、教えて見せてくれます。「すごいね!」それをみんなで共有します。

台紙に穴をあける作業も、自分でやりたい。

ビーズがなくなると、ビーズコーナーへ探しにいきます。

人が歩いている様子!

影が美しいね、とみんなで鑑賞。

「ゆらゆらゆらすといいね」

「ワイヤーだけで表現していい?」「もちろん!」

3Dになったところを、自分でも確認してみます。

とうとう犬が人を引き連れている世界、が出来上がったそう↑

「じかんがきたらおしまいです」を了解している子どもたちは、「あと何分できる?」と確認しながら最後の追い込み。どうしてもこだわりたい何かを追い求めて。

出来上がった作品を並べ始めます。

そして、全員の作品が集合しました!

恒例の、みんなで撮影タイムだよ!「どうやって撮る?」

(検討の結果、今回はこう並びました)満足そうな笑顔と言ったら!

----------------------

▽▼作品ギャラリー▽▼

「ここはまっすぐに立たせたい」「ゆらゆら揺れるようにしたい」「上からつりさげてもいいようにしたい」「ボタンをとめて山のようにしたい」「飛んでいるようにしたい」…様々なこだわりを持って制作しました。裏表作品をつくった子が一人いるよ、見つけられるかな?

▶Rinコラム「自分の人生を生きる」

-----------

▽▼たくさんのアンケートいただきました!▽▼

Q.これまで参加してきて感じられる変化はありますか?印象的なエピソードは?

「5年生になった前後から、「モノを作る」ということにすごく集中で来ていると思います。今は何よりも「ARTがいちばん!の生活です。」(5年女子母)

「描きたいものがきまったら、絵をものすごいスピードで描くようになりました。親が口出すことがあったので、今は親も干渉せず娘も道具だけ出しておけばひとりで作業をするようになりました」(1年女子母)

「前回初参加した作品のバッグ、絵の具がまだ乾いていないからと、腕を伸ばして自分で地下鉄で大事に持って帰りました。自分で作った作品はどんな高価なバッグよりも大切なんですね」(4年男子母)

他にもたくさんいただきました。ありがとうございました!Rin

--------------------

▶Rinせんせいのバンド:6/25(日)13:30-KARINBAライブ!ぜひおいでくださいね。残席わずか!ご予約お待ちしています。

--------------------

▶次回は御茶ノ水Hanamaru Lounge にて「旅をするペットボトル6/18(日)10:30-お申込みは6/6火曜12:30−)詳細は公式サイトにて!▶ARTのとびら公式サイト

| Atelier for KIDS!2009- | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101245
トラックバック