カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 水上公園で青空ART picnic! | main |
6/18 Atelier for KIDs-「旅をするペットボトル」Mail Art Project

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema ▶音楽演奏会KARINBAライブ6/25!

---------------

6/18(日)Atelier for KIDs@Gallery OkarinaBのキロクです。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

梅雨の晴れ間。父の日にみんなで制作したのは「旅をするペットボトル」。毎年反響の大きいアートプロジェクトで、子どもたちの創る作品がそのまま、大切な誰かに届く、サプライズのお手紙プロジェクト

もう何度も同じテーマで制作している子も前のめりで、今日初めてこの場に参加する子もワクワクした気持ちでスタート。

「ARTのとびら きはん」をまず確認。そして、「驚愕の事実があります」と6月から郵便切手の値上がりを発表…

すると、「え〜〜!」「どうして!」と子どもたちもびっくり。そうなのです。厚さ3cmを超える定形外郵便物が、120円から200円に値上げされていました。「…ということに先生たちも朝気がついて、大慌てて80円分の切手を準備したんだよ。これで足したら200円になるよね」と安堵のニュースをみんなで共感。あて名の書き方や、郵便屋さんが届けてくれることをイメージしているところ↑

さあ、制作のスタートです。伸びる手。今目の前にある素材の中から、どうやって表現していくのかを、今日は贈る相手を思い浮かべて作っていきます。

宛先の住所の漢字を、懸命に書き写す子、

アドバイスをもらいながら、最難関の宛名書きも完了。

お手紙を、こっそり仕込むときは、見せないように書いたり。

どんどんと創作の世界、自分との対話に没頭していきます。

どうやったら、もらった人が驚くのか。このアイディアは、うまく機能するのか。

正解はない世界で、納得いくまで、試行錯誤の繰り返しです。

どの子もみな、相手を喜ばせたいという気持ちに火がつき、一見困難なように思える状況でも誰もあきらめようとはしません。

手作りのご飯と同じように、手のぬくもりが残るもの、その手から放たれた何かが宿る作品やお手紙は、目に見える何か以上のものを、受け取る相手に伝えていきます。

「旅をするペットボトル」は、受け取る相手をどんなふうに驚かそうかと、子どもたちが工夫を凝らした作品が、

幾人もの郵便屋さんの手を経て届くということを、喜びと共に実感してもらえるはずです。

そうやって届くお手紙には、人をしあわせにする力があるということを。

恒例のコミュニケーションタイム。今日は作品を持ち帰らないのですが、作品を誇らしげに見せる子どもたちの姿は変わりません。

「作品=その子自身の今」を丸ごと認めてもらえる時間です。

※「旅をするカード」プロジェクト:Rinが世界中で出会ったアーティストと、「切手を貼ったら郵便で送れる」という制限のもと、受けたインスピレーションを作品にこめ、往復書簡を続けていくメールアートプロジェクト。100通たまった2012年に、展示会も開催。その後2015年には「お手紙を贈りたい気持ちになりますように」というテーマで「Life with Letter」という紙雑貨ブランドをたちあげる。Okarinab.handcrafted.jp

----------------------

▽▼作品ギャラリー▽▼

-----------

▽▼アンケートありがとうございます!▽▼

Qこれまでの参加を通して感じられたことはありますか?

「何度か参加させていただいた後、ある時を境に自分の意見をはっきりと言えるようになったことです。自分の気もち、思い、などを自由に表現することを学び、それが自分の意志表示につながったのでは、と思います。(2年女子父)」

「今までは単に参加して楽しむという感じでしたが、最近は身の回りにあるものが何でどのように作られているのか関心を示すようになりました。また、人の心から生み出された形あるものを愛でたり、自分だったらこうする!という意思が出るようになりました。(5年男子母)」

「自分で作る作品にも色々と工夫するようになりました。発想力に磨きをかけたと思います。本人もとてもこのワークショップを楽しみに毎月待っております。(2年女子母)」

「先月のビーズアートでは「とっても素敵なのができたの!見たい?」と目をキラキラさせていました。ふだんアートが苦手だと思っている娘。Rin先生のアートで、アートの楽しさを学んでいるようです。ありがとうございます。(2年女子母)」

他にもたくさんいただきました。ありがとうございます!Rin

--------------------

▶Rinせんせいのバンド:6/25(日)13:30-KARINBAライブ!ぜひおいでくださいね。残席わずか!ご予約お待ちしています。

--------------------

▶次回は根津Gallery OkarinaB(2F:Rinせんせいのアトリエ)にて「自然物に描く」7/16(日)11:00−詳細はINFORMATION

▶夏休みスペシャル!御茶ノ水Hanamaru Lounge にて「風に揺れるモビール制作」8/6(日)10:30- 詳細は公式サイトにてComing Soon!▶ARTのとびら公式サイト

 

| Atelier for KIDS!2009- | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101247
トラックバック