カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< Life with Letter作品出展のお知らせ | main | 創作レシピ考案! >>
8/6 Atelier for KIDs-「風に揺れるモビール制作」Mobil

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶小さなアーティストのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with LETTER ・ minne ・creema ▶KARINAライブNext9/8(Fri)!

---------------

8/6(日)Atelier for KIDs@Hanamaru Loungeのキロクです。

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

今回のテーマは、「モビール制作」。立体的な表現に取り組みました。

やわらかく簡単に表情を変えることのできるワイヤーを使って、空間全体を作品としてイメージして捉えながら創作していくことを、実物を見ながらイメージします。

「ARTのきはん」を確認したら、

素材の性質がプラスチックであることを活かして、こんなこともできるよね。と話し合います。

もう頭の中で、想像しながら考え始めています。

「さあ材料を、選んでいいよ」と言った瞬間、こどもたちの群がるおしり。笑。

試行錯誤と実験の繰り返し。アトリエタイムのスタートです!

 

今日もあっというまに、まるで「ぎゅんっ」と音を立てるかのように、

みんなが自分だけの表現の世界に入っていきました。

新しい技術を開発したり、

風に吹かれるかどうか実験したり、

思いついたアイディアを試します。

「借りてもいい?」

おとなの力を借りることもあります。

形になってくると、3Dの視点で、実験を繰り返しながら制作します。

どこまで伸ばせるか。「左右で18個ずつ。40分で36個作ったよ」

描いてみよう。

風をとらえて、予想しないような形に変化し続ける、動くアート作品。

モビール、とひと言で言っても、形状はさまざま。

子どもたちにとっての「今、こうしたい」というこだわりを尊重していると、

想像を遥かに超えた立体作品が出来上がっていくのです。

静かな、でも熱を帯びた空間の中で、それぞれが唯一で、世界一の作品が出来上がっていく様は、圧巻です。

最後にみんなで撮影大会!そして、待ちに待ったおうちの方とのコミュニケーションタイムです!

世界で一つのモビールを、家に持ち帰ってどこに吊るそうか考えるのも、また楽しい創作の続きです。まるで風鈴のように、夏の空間を涼やかに演出してくれるはずです。

日曜日の午後、お家の中がちいさなギャラリーとなりますように。

日常にアートを。よい夏をお過ごしくださいね。次回は9/10根津Gallery OkarinaBにて開催します。

-----------

▽▼保護者の方より▽▼

Q.これまでのAtelier for KIDsを通して感じられたこと/エピソードはありますか?

「初めての小学校図工の時間はいつも固まって、時には何も作れず泣いたりしていたのですが、前回初めて参加させていただき「また行きたい!」「また行ってあそこで何か作りたいんだ」ということばが飛び出したことに本当に驚きました。「何かを作る」ことに対するネガティブな気持ちがあの場では解放されたのだなと、自由な気持ちになったのかなと、私もうれしくなりました。」(1年男子母)

「アトリエが終わった後に、その続きが生まれている。作品の物語をひとりで話している日が続きます。」(3年女子母)

「学校ではいろいろと決まり事や直されるところがある中で、自由に作れるところが娘にとってとても良い癒しになりました。」(2年女子母)

「できないからいやだ、ということがなくなったように思います。「自分なりの」ということで、何とかやってみるようになった様子です。」(2年男子母)

「親の私は道徳とか社会でスマートと言われる振る舞い、「○○であるべき」を気にして「自由との境って?」「好きなようにって??」とよくわからなくなってしまうのです。レシピ通りに料理をつくれても、創作料理はからきしダメ。だから子供には自分を解放する時間や方法を知ってもらいたい、と思っています。そしてそこが、今の子どもにとってアトリエだと思っています。」(2年女子母)

「今回は2度目の参加です。自分の作品への、先生方からお声かけ頂いたことをよく話してくれました。紺色に塗り、キラキラ重ねた石を「夜みたいだね」って言ってくれたんだ〜!と言っていました。私は評価するコメントしか思い浮かばず、夜という表現が素敵だなと思いました。作品=子ども本人であり…。評価を子どもたちは求めていないのだと感じました。」(1年女子母)

「前回の時にできなかったことをやってみる、と話していました。前回の作品を気に入っていたのですが、時間がたち、心も体も成長してくると、また違った「もの」が見えてくるようです。ARTはそんな自身の振り返りや課題もわかるので、良いですね。」(5年女子母)

「娘は日常の何かから解き放たれる瞬間を待っているようでした。母である私も、夏休み色々と頭が凝り固まってきていたのかな…。温かい空間とRin先生のやスタッフの皆様の笑顔に触れて、何か心がふわっと温かく元気になりました!2回目のモビール作り。今年もゆらゆらと家や皆を癒してくれる作品になるでしょう。暑い夏にAtelier for Kidsを開催してくださってありがとうございます。」(2年女子母)

--------------------

▽▼作品ギャラリー▽▼

--------------------

▶9月は根津Gallery OkarinaB(2F:Rinせんせいのアトリエ)にて 

9/10(日)11:00−詳細はINFORMATIONへComing Soon(8月中旬公開予定)!

| Atelier for KIDS!2009- | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101252
トラックバック