カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< KARINBA sayonaraライブ!完→Shining Hearts' Partyへ! | main | 「WORKSHOP for MOM!」プレ開催 >>
Rinコラム「あなたらしさ」

「自分らしく生きる」とはどういうことでしょうか。

「あなたらしさ」とは何でしょう?

わたしが子どもたちを前にして大切にしていることのひとつに、

「感情も意思もある、一個の人間として、対等であろうとすること」だと以前お話しました。(5月号)

 例えば、オトナが初心者の気持ちで何かをやってみせる。

そうすると、新しいことを始める楽しさを、

簡単に子どもたちに伝えることができます。

さらに完璧を目指さないで何かを楽しむとき、

同じように子どもたちも楽しみます。

(「完璧を求める」ことは、わたしはこのままでは十分ではない、という不安の表れかもしれませんね。)

私たちは、ありのままで十分素晴らしい。

反対に、

いつも正しい答えを導きだそうと必死だと、

何かを学ぶことの喜びは見いだせなくなっていきます。

 

例えば、自分の不完全さ(完璧な人間なんかいませんよね)を、さらけ出して見せてあげる。

それは、失敗を怖がらなくてもいいのだ、

という価値観を伝えることにつながります。

自分を信じて、何度でも挑戦する勇気を、教えることができるのです。

そう、夢をかなえた人は、失敗をしなかった人ではなく、

失敗しても何度でも挑戦した人です。

楽しみを見出しながら。

 

例えば、無理に「大丈夫」と言わない。

より自然体でいて、子どもの前で、自分の心の声を無視したりせず、あなたらしさを表現してもいい。

自分の感情に正直になると、

自分への信頼が深まります。

その先に、他人への思いやりというものが生まれていきます。

自分の感情を知っていることは、

表現するために/創造力を発揮するために、人として必要不可欠なもの。

あらゆる困難な場面での解決策は、

いつも創造力を必要とするのだから。

子どもたちがより「自分らしく」いられれば、成長したとき、自分の望む仕事を生み出していける大人になるでしょう。

自分を信じられることは、しあわせなこと。

対等であろうとすることは、あなたらしくあること。

彼らを前にして、私たちオトナ側が、「わたしらしさ」というものを、もう一度見つめ直す必要があるのかもしれません。

Rinコラム12月号より過去の記事はコチラからお読みいただけます)

----------------

▶子どもたちのための創作WS:ARTのとびら:Atelier for KIDS 

▶【Letter Marche】郵便にまつわるWORKSHOP:11/11,12@千駄木FLEW GALLERY

▶【四ツ色商店vol.15】:11/30-12/3@Gallery OkarinaB

▶web shop: Life with Letter ・ minne ・creema 

---------------

▶Rin on Instagram /on twitter /on Facebook 

| Atelier for KIDS!2009- | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101260
トラックバック