カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< Happy Wedding! | main | 7/15 Atelier for KIDs「シャボン玉アート」-Bubble Art >>
7/8 Atelier for KIDs×Hikari Africa Project スペシャルワークショップ

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶子どもたちのための創作クラス:ARTのとびら:Atelier for KIDS ▶web shop: Life with Letter ・ minne ・creema 

---------------

2018年7/8(日)Atelier for KIDs×Hikari Africa Project @Gallery OkarinaBのキロクです。

前回に引き続き、ウガンダの子どもたちに作品を届けるスペシャルワークショップ。(▶Hikari Africa Projectの詳細はこちら▶前回のWSの様子はこちら)

全部で6つの作品群を、ラリー形式でどんどん制作してくスタイルです。

創作の前に、子どもたちとともに、桜木奈央子さんによるアフリカのお話をもう一度動画でおさらい。

そしてアトリエに移動したら、たくさんあるテーマについて、どんな風に作れるのか、みんなで確認します。

日本のアジサイの葉っぱを使ったフロッタージュ。

和紙を使った、折り紙のライト(オカリナライト)。

さらに、桜の木と毛糸を選び取って、

ピースクロスの制作。

そして、光をともすための、キャンドルホルダー。

出来上がった作品は、一時的にテーブルの上に設置して、

時間ギリギリまで子どもたちの制作の手が止まることはありませんでした。

さあ、いよいよギャラリーに降りて、作品を設置します。

写真撮影用の作品を自分たちで選び、仲間の作品たちも鑑賞します。

「でーきた〜!」

最後に、お家の方とのコミュニケーションタイムです。これまでに作ったことのある作品テーマも、自分なりに難易度をあげて制作したり、海をイメージした作品を作ってくれたり、どの子も、遠いウガンダの国の子どもたちにこの作品たちが届くのだということを意識して、表現してくれました。折り紙で作るオカリナライトは、ご家族で挑戦してくれる方々もいらして、とてもうれしいです。ぜひお家での制作の様子など、またお知らせくださいね。

後日メッセージを頂きました。:「先日、光のプロジェクトに参加した後、Sはしばらく感想を多く語りませんでした。2〜3日して、夕食時に突然、「ママ、アフリカってすごいよ」と言いました。K(兄)が「なんで?日本の方がすごい?よ?」と6年生っぽいことを言うと、「アフリカの方がすごい。いろんなことについて、生きる力がすごい」と答えていました。するとKも「なるほどね」と。「水だってすぐ飲めなくても、何キロでも歩いてくんでくるしね」(自分にはできないと言っていました。)2人で生きる力のすごさを語り合っていました。久しぶりの創作は楽しかったようです。加えて、小さな心は色々なことを学んだようでした。子どもってすごいな…と思いながら2人の会話を聞いていました。貴重な経験をありがとうございました。」(3年女子母より)

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

▶次回:7/15(Sun)お茶の水Hnamaru Loungeにて「シャボン玉アート制作」を開催します。

▶お申込は、ARTのとびら公式サイトから。

おまけ:

Hikari Africa Projectの詳細はこちら

前回のスペシャルWSの様子はこちら

▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook(お気軽にフォローください)

| Atelier for KIDS!2009- | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101291
トラックバック