カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< Atelier for KIDs in UGANDA!×Hikari Africa Project | main | 「学びの本質」-Rinコラムより >>
Hikari Africa Project in UGANDA 

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶子どもたちのための創作クラス:Atelier for KIDS ▶お母さんためのワークショップ講演:WORKSHOP for MOM! ▶web shop: Life with Letter ・ minne ・creema 

---------------

Hikari Africa Project:ウガンダの子どもたちに光のアートを届けに行くプロジェクト。

▼▽▼続きのお話、最終日のキロクです。▽▼▽

最終日の創作ワークショップが終わった後、いったん外に出た子どもたちも暗くなるのをしばし待ちます。窓にへばりつく彼ら。

初日の創作ワークショップで制作した旗は、日本の子どもたちが制作した和紙のキャンドルホルダーが照らします。

日本の子どもたちが制作してくれたOkarinaライトも、会場を装飾します。

子どもたちが予想以上に多く集まってきて興奮し始めたので、子どもたちには整列してもらうことに。

長い長い列になってきました。

入ってから子どもたちが自由に動き回れるほどのスペースがないことを危惧し、あらかじめ、中でどういう行動をとってほしいかを伝えることにしました。(一番前を陣取っている子の手には、さっき交換したPeace Crossが握りしめられています)

Don't fight, Make peaceだよと言いきかした後、静かに2列で入ってきた子どもたちは、なんと自ら座って待機(笑)。

これから見せる作品のテーマを伝え、いざ点灯のカウントダウンのスタートです。

点灯式。無事にすべての作品が、暗闇の中に輝きました!

光で作られたアート作品を、鑑賞するという文化がまだない子どもたち。

急遽その場で、作品ひとつひとつについて、解説&クイズをしていきました。

海に泳ぐ最大の哺乳類、クジラ。そしてイルカ(イルカは、彼らにとってはシャークに見えたようです)

風船ライトで描いた、海の波。(ビクトリア湖にも、波はあるよね、と言うと子どもたちはうなずきます。)

さらにクラゲたち。

ここでも子どもたちは、「何か新しい知識を教えてもらえる」ということに敏感に反応し、前のめりに話を聞きます。彼らの学ぶ意欲の高まりを感じたと、後ろから見ていた正道さんが後から教えてくれました。

いよいよ、上映会がスタート。

日本の子どもたちが制作した、海をテーマにしたビデオも流れます。(by Cinema Stars

なんと初日のWSの様子も、ショートビデオになって登場。私も聞かされておらず、サプライズでした!!

現地の状況が不確定なまま、妥協なくイベントを作り上げられたのは、子どもたちのために絶対に成功させるのだという、全員の強い意志でした。

すべての作品の撤収を終え、学校を去る日。作品を寄贈しました。

校長先生、通訳をしてくれた先生、そしてプロジェクトメンバーCinema Stars桜木奈央子さん

Cheko,Gabriel。彼らがいなかったら今回の成功はありませんでした。

このような機会を与えていただいた、すべての出会いに感謝します。同行の日本人メンバー:カメラマン江頭さん、来島さん、Futaくん、Fukaちゃん、ありがとうございました。

さらに詳しいストーリーは、9/30日の報告会&Rin先生のミニWSにてお伝えしますね。(リターンの一環、招待制となりますことをご了承ください)

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

▶アフリカ星空映画館:Cinema Stars

子どもたちのオリジナリティを伸ばす:Atelier for KIDs

飯が食える子を育てる:花まる学習会

| 展示キロク Exhibition(Tokyo/London/Singapore/Berlin) | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101295
トラックバック