カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 9/7 Atelier for KIDs 「木の枝で作るオブジェ」 | main | 「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」9/25出版! >>
9/7 WORKSHOP for MOM!-1期生終了!

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶子どもたちのための創作クラス:ARTのとびら:Atelier for KIDS ▶Hikari Africa Project:無事にウガンダより帰国しました!WSのキロク▶web shop: Life with Letter ・ minne ・creema 

---------------

2018年9/7(金)WORKSHOP for MOM@Hanamaru Loungeのキロクです。

第1期生3回目。いよいよ最終回のセッションです。

創作タイムの準備が整い、ママたちがやってきます。

子どもたちがたったの一か月半で、一回り成長。

もちろんママたちの内なる成長も感じます。これまでの学びを共有している仲間とのシェアタイムでは、悩みも喜びもすべてを笑いにしながら表現することを楽しむことができています。

ひとりひとりの感じたこと、考えたことの言語化に、全員が耳を傾けます。

聴くこと、話すことは表現すること。そのすべてにいい悪いも正解もない。本当には自分はどんなことを感じていたのか、そのことを見逃さないこと。感情を、なかったことにしないこと。

正解やいいことを求めるのではなく、ありのままの自分を表現し、受け止められる体験。

これまでとは違う自分を意識をしながら、最後の創作タイムです。

色を選ぶことも、自分の声に耳を澄ませ、対話すること。

シェアタイムとは打って変わって、真剣で集中した時間が流れます。

この先の未来の自分の家族のことをイメージしながら、自分自身の今を、作品へと昇華していきます。

最終回。全員が集中して迷いなく自分が「こうしたい」という内なる表現に正直に、作品を作っていました。自分がどうしたいかを問い、自分の感覚を信じていくこと。数か月前は、正解を求めてみたり、自分の作品を「これでいいのか」と不安に感じていた方も、最後の回はそれぞれが自分の作品に愛着を持ち、満足げに作品を見ていたのが印象的でした。

人生はアート。

子育てはアート。

どこかに正解を求めたり、自分はこれでいいのかと不安に思って進むのではなく、自分の考えや感覚を信じ、「どうしたい?」を楽しみながら進んでいけたら、母親人生はとても豊かになるはずです。

全てのお母さんが、自分で自分を幸せにできますように。そのことが、子どもたちのしあわせに、直結するからです。

----------

おまけ:託児スタッフの保育士さんより「3か月で子どもたちの体つきや遊び方が大きく成長しました。今日は特にお母さんたちが開放的な雰囲気だったので、子どもたちも話の中に混じろうとしてアクティブ。お母さんたちが楽しそうにしていることを子どもも感じ取っていて、子どもとお母さんはつながっているのだなと感じさせられた。保育を学んでいるが、現場で学ぶことがとても大きい。ぜひまた参加させてほしいです。」

▽▼▽▼▽▼アンケートより▼▽▼▽▼▽

Q.これまでの学びから変化したことはありますか?

A.「育児書通りに子どもは動いてくれない!この対応で正解なのかが分からない!子どもはしゃべってくれないので本当の欲求が分からない!初めての子育てで何となく感じていたモヤモヤ‥Rin先生に教えて頂いた「子育てはART、失敗はない」「自分はどうしたいかを常に考える」を意識して実践出来たお陰で、このモヤモヤが一気に晴れた。例えば娘が離乳食を食べている途中に椅子から立ち上がった時の対応を変えてみた。今までは、お行儀が悪いからと立つ度に座らせて食べさせていた。その結果機嫌を損ねて結局完食しない事も多かった。しかし、自分はどうしたいかを意識すると、「今は躾をしたい訳ではない。私は娘にご飯を楽しく食べてたくさん栄養を摂って欲しいのだ。」という自分の気持ちに気付き立ったままでもとりあえず完食出来ればオッケーと余裕が出来、私も娘もご機嫌になれた。本当に些細なハプニングへの対応の変化だが、子育てはこのような小さなハプニングの連続なので、対峙するスタンスが自分の中で変わった事はとても大きかった。

正解は何なの?と考えたり、今日は〇〇が上手くいかなかった。失敗だー。と考える事自体が子育てに於いては全く重要ではない事に気付けた。常に自分はどうしたいかを考える事は、一旦冷静に状況を見つめる事にもつながり、育児に対して心のゆとりが持てるようになった。まだまだ先でいつになるかは分からないが、いつか娘が子育てをする事があったら、私がこのワークショップで学んだ事をぜひ伝えたい。」

Q.創作タイムで、感じたことはありますか?

A.「娘が産まれてから、自分の為に時間を使うという事が全くなかったので、創作に没頭出来たこの時間は本当に貴重で楽しかった。絵の具や色鉛筆、木の枝と糸など、すごく久々に手に取る物ばかりでワクワクした。日頃娘が何かを見て目を輝かせている時はこういう気持ちなのかなぁと思った。場所が遠かったので申し込む際躊躇したが、通った電車の中での娘の様子からも成長を感じる事が出来、良い思い出になった。3回共すごく楽しかったです。また何かママ向けのイベントがあればぜひ参加したいです。本当にありがとうございました。」

▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

WORKSHOP for MOMページはこちら

第2期の募集がスタートしています!

ARTのとびら公式サイトはこちら

------------------------------

▶ママ向けWSでも行っている創作レシピが掲載されています!Rin先生の子育て本:「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」実務教育出版より9/25発売!Amazonより予約可能です!

| WORKSHOP for MOM! 2017- | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101298
トラックバック