カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
アーカイブ
カテゴリー
<< 9/7 WORKSHOP for MOM!-1期生終了! | main | 出張!WORKSHOP for MOM! @調布市 >>
「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」9/25出版!

Welcome to Rin's blog!▶▷Rin on Instagram /on twitter /on Facebook ▶子どもたちのための創作クラス「ARTのとびら」Atelier for KIDS ▶Hikari Africa Project:無事にウガンダより帰国しました!WSのキロク▶web shop: Life with Letter ・ minne ・creema 

---------------

ウガンダ渡航前に仕上げた著作本「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」が、出版社から届きました!

実務教育出版より、9/25に刊行します。

Atelier for KIDsの子どもたちの創作現場で大切にしていること、すべてが盛り込まれた贅沢な一冊です。

書店で見かけましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。子育て中のママへのプレゼントにもおすすめします。

 

そして何より、かつては子どもだった大人みんなに、読んでいただきたいなぁと思っています。

-----------------------------------

みんなが「自分」というアートを、人生で作り続けるアーティストでありますように。

そんな思いで、いつも子どもやお母さんと関わっています。

 

人前で言葉を発さず、身体も小さかった

幼児期のわたしにとって

自分を表現する手段は、

描くことと作ることでした。

 

誰かや何かにしばられず、

内なる自分と対話することは、

自分というものを、

尊厳をもって大切に扱うこと。

没頭し、夢中になって遊ぶことは、

だからあの頃の私にとって、最大の学びだったと今では思います。

 

20年前、

学校に行かない子どもたちと

その家族と向き合いました。

彼らの声なき憤り。自分というものを取り戻すための叫び。

その傍ら、幼児期の子どもたちがもともと持っているタネをすくすくと伸ばすために大人ができることを、教育現場でひたすら考え続けました。

 

10年前、

私の中の芸術家の心と教育者の魂を満たすために始めた、

子どもたちとのアート(作品の創作)の現場で、あることに気がつきました。

アートは、子どもたちが自分らしく生きていくことを奨励するための、

もっとも有益な手段のひとつなのだと。

 

ここから、

教育者の視点と芸術家のまなざしを

アートの現場に取り入れた、

アート×教育の活動がはじまりました。

 

たくさんの親子と出会い見えてきたこと。

「こうあるべき」から解き放たれて、

信頼できる自分自身を取り戻したとき、

大人も子どもも、

「じゆう」で喜びに満たされた人生を、デザインしていきます。

 

この世界の、お父さん・お母さんという役割を持ったすべての人に贈ります。

あなたのお子さんは、どんなことで人の役に立ち、幸せに生きていくのでしょう。

豊かな心を持つ、幸せな人が、たくさん生まれますように。

 

2018年9月吉日

花まる学習会 取締役/ARTのとびら 主宰/ Artist

Rin(井岡由実)

▶「こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て」実務教育出版より9/25発売!Amazonより予約可能です!

-------------

ARTのとびら公式サイト

▶子どもたちのための創作WS: Atelier for KIDS

▶ママのためのセッション:WORKSHOP for MOM第2期の募集がスタートしています!)

 

| 幼児教育・ART教育 | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.rin-ioka.com/trackback/1101300
トラックバック